膣のアンチエイジング・浦安・行徳・葛西・市川

 

モナリザタッチ®のしくみ

2020/03/26

このページではモナリザタッチ®に効果的な症状の原因や治療の効果についてご説明いたします。

 

エストロゲン欠乏により起こる症状

女性ホルモン(エストロゲン)が減ってくると、性器・尿路に様々なトラブルが生じます。

 

トラブルの種類(膣・外陰部の組織がやせて、潤いが減るために生じる様々な症状)

血流および膣分泌の減少 → 性交痛・かゆみ・灼熱感の原因

膣粘膜上皮の形態学的な変化(膣粘膜のひだが扁平化) → 性交痛

乳酸桿菌の減少と膣pHレベルの上昇 →膣炎・におい・かゆみ

上記の症状の治療には、炭酸ガスレーザー治療(モナリザタッチ®)をご検討ください。

 

モナリザタッチ®の特徴

レーザーの熱刺激で新しくコラーゲン産生し、組織を作り直す治療です。この技術は顔のリフトアップやたるみ改善に使用されるレーザーを女性器治療に応用したものです。数分間のレーザー治療で更年期の膣萎縮からくるトラブルに効果を発揮し、生殖年齢の20-30歳代のストレスからくる性交痛、産後の膣のゆるみ等にも、また40-50代の膣萎縮による性交痛にも効果的です。

炭酸ガスレーザー治療(モナリザタッチ®)の特徴
◎痛みがほとんどない(膣内は無痛、外陰部は麻酔クリーム使用)
◎施術時間が数分(麻酔含め所要時間1時間程度)
◎施術直後から日常生活の制限なし
◎当日の入浴と3日間の性交は控える
◎副作用ほとんどなく、長期的なトラブルもなし
◎1回でも効果はあるが、1か月ごと2~3回追加で効果が延びる

 

モナリザタッチ®の効果

 

おおしおウィメンズクリニックが治療を担当いたします。お気軽にご相談ください。

 

クリニック紹介

 

千葉県浦安市北栄1-5-23

  

当クリニックのサイト

    

おおしおウィメンズクリニックのビューティケア

     

 

Copyright© モナリザタッチ , 2020 All Rights Reserved.

ご予約・お問い合わせはこちらから